映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ
sony pictures logo

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』

歩いたのは月の上?それとも――? 人類初の《月面着陸》に関するあの‟ウワサ“から生まれた映画

Trailer - 予告

Introduction - イントロダクション

争奪戦となったオリジナル脚本で描かれる
人類初の〈月面着陸〉の裏で起きていた

〈奇想天外な極秘プロジェクト!〉
エキサイティングな人間ドラマと
〈予想外のエンディング〉に拍手が止まらない!

Story - あらすじ

1969年、アメリカ。ケネディ大統領が宣言した〈人類初の月面着陸を成功させるアポロ計画〉から8年――。未だ失敗続きのNASAに対し、国民の関心は薄れ、予算は膨らむ一方。この最悪な状況を打破するため 政府関係者のモー(ウディ・ハレルソン)を通してNASAに雇われたのはニューヨークで働くPRマーケティングのプロ、ケリー(スカーレット・ヨハンソン)。
アポロ計画を全世界にアピールするためなら手段を選ばないケリーは、宇宙飛行士たちを「ビートルズ以上に有名にする!」と意気込み、スタッフにそっくりな役者たちをテレビやメディアに登場させ、“偽”のイメージ戦略を仕掛けていく!
そんな彼女に対し、実直で真面目なNASAの発射責任者コール(チャニング・テイタム)は反発するが、ケリーの大胆で見事なPR作戦により、月面着陸は全世界注目のトレンドに!
そんな時、モーからケリーにある衝撃的なミッションが告げられる――

「月面着陸のフェイク映像を撮影する!」

失敗は許されない月面着陸。断ったら政府に消される超極秘プロジェクト。早速ケリーは撮影監督や役者を雇い、厳戒態勢の中、NASAの内部に作られた〈嘘の月面〉での撮影準備を進めるが・・・。

「そんなことは絶対に許さない!」

仲間の月面着陸成功を信じて猛反対するコールと、偽の月面着陸制作に邁進するケリー。対立する2人の前に更なるトラブルやアクシデントが勃発する中、ついにアポロ11号は発射の時を迎え、月面着陸までのカウントダウンが始まった!

世界中が見守るテレビ生中継で
35億人が目撃したのは、
“リアル”か“フェイク”か――

Character - キャラクター

  • ケリー役

    スカーレット・ヨハンソン

  • コール役

    チャニング・テイタム

  • モー役

    ウディ・ハレルソン

Filmmaker - フィルムメイカー

  • 監督

    グレッグ・バーランティ
    (『フリー・ガイ』製作)

歩いたのは月の上?それとも――?